本文へスキップ

痩せたい人、お酒が好きな人、健康になりたい人はゴマ食べよう。

ゴマとコレステロール

コレステロール低下

ゴマとコレステロール 写真

小さくて可愛らしいゴマを常に食べていれば、血管が丈夫になって血中に沈着した コレステロールや中性脂肪などを取り除いてくれます。 これはゴマに含まれるリノール酸やオレイン酸など不飽和脂肪酸の働きで、人体に よい影響を与えてくれます。 高血圧や貧血の改善にも期待が持てるゴマですが、ゴママニアの多くがゴマに最も 期待しているのはコレステロールに対する働きでしょう。 脂肪分は肥満体形の原因にもなり敬遠されがちですが、それでも生きていく以上ある 程度摂取しなければいけない大事な栄養分です。 むやみに脂肪分の多く含まれるものばかり食べていたら太ってしまいますが、 全く食べないわけにはいかないのです。 身体を維持するためには一定量摂取する必要があり、健康マニアやダイエット中の人 にとってはちょっとしたジレンマともなります。 ゴマに含まれる脂肪分は不飽和脂肪酸と呼ばれるオレイン酸や必須脂肪酸のリノール酸 が多く、この脂肪は血管に張り付いて動脈硬化を引き起こ原因にもなるコレステロール をきれいに洗い流す働きをしてくれます。 他の脂肪分にはない働きをしてくれ人体によい働きをしてくれるのがゴマの脂肪分 ですので、必要だからと適当な脂肪を人体に取り込むよりもよっぽど健康的で未来の 展望も明るくなる革命的な脂肪分といえるでしょう。 この脂肪酸は酸化しやすいという欠点もありますが、それもゴマに含まれるほかの 成分が解決してくれます。 その成分とはビタミンEで、不飽和脂肪酸との相性はかなりの優れものです。 ゴマを食せばこれらを一度に全部体内に取り込めますので、サラサラ血管になれます。



動脈硬化予防

動脈硬化の心配がある人にはゴマでの対策が有効であるといわれています。 ゴマを毎日適量食べる生活を続けていれば、動脈硬化の心配もそれほどありません。 動脈硬化の原因にコレステロールが深く関与していることは経験者や関係者の間では よく知られていますので、自分が動脈硬化の心配をしたことのある立場であれば、 コレステロールの悪い噂を何度か耳にしたこともあるかもしれません。 コレステロールの中でも悪玉コレステロールと呼ばれるものは特に悪く言われており、 関係者やその周囲の人々に警戒されている存在です。 悪玉と名づけられるわけですから歓迎されるような性能を持っているはずもなく、 人体に害をなすものだということは素人でもピンとくるでしょう。 もし「悪玉セールスマンです」「悪玉訪問販売員です」なんてのが玄関でインターホン を鳴らしたら、たいていの人は追い返します。 疑うことを知らずに玄関を開けてしまうと、悪玉ですのできっと不幸になります。 強引に布団を買わされたり、必要ないのにいもしないシロアリ駆除をされたり、 大金をむしりとられてしまうでしょう。 悪玉という名前で人に優しいものはあまりなく、悪玉がきたら追い払ったり避けるのが 正しい選択でそれは悪玉コレステロールも同じです。 悪玉コレステロールは血管壁にこびりつきやすく、そのまま放置していたら動脈硬化 を促進してたいへんなことになってしまいます。 体内で活性酸素により酸化された悪玉コレステロールは、おぞましくもドロドロに なって体内の細い血管壁に付着して血管を詰まらせ、血液の循環を阻止します。



悪玉コレステロール

ゴマを食べれば血管壁に付着して動脈硬化を引き起こす悪玉コレステロールの過酸化を 防いでくれる働きに期待がもて、さらに血液中のコレステロールを減らす効果のある 不飽和脂脂肪酸もゴマの成分ですので、動脈硬化を抑えてくれそうな期待が持てます。 動脈にしろ静脈にしろ脈打って血液を循環させる血管は人体にとって重要なものです。 身体の細胞に必要な栄養を乗せて、すみずみまで配ってまわる血液がなければ 人は生命を維持できません。 たとえほんの数分でも血液が滞ってしまえば致命傷になります。 みなさんも普段から呼吸をして酸素を体内に取り込んでいるでしょうが、この酸素も 肺から取り込まれた後に血液が体中に運んでくれています。 血管に問題が生じてしまうと酸素も送ることができず、とても苦しいことになります。 それほどに生命維持に重要な血管ですので、悪玉コレステロールに汚されっぱなし にしておくわけにはいきません。 血管にとって最大の脅威ともいえる悪玉コレステロールは速やかに削除するに 限りますので、普段からゴマを食べて備えておくにこしたことはありません。 自分の血管を実際に見て「うわドロドロだなぁ」「こんなに悪玉コレステロールで 汚されているなんて驚きだ」とビックリする機会はないでしょうが、目で確認 しなくとも病院で調べてもらえばだいたいわかります。 自分の血液と血管に自信がないのなら一度検査を受け、どのくらいドロドロかを 調べた上で今後摂取するゴマ量を決めてみてもいいでしょう。



バナースペース